大沼公園名物!「沼の家」ごま・醤油・あんの元祖大沼だんごがやっぱり美味しい♡

北海道グルメ
スポンサードリンク

サロン
こんにちは。函館から山旅食を紹介するサロンです!
紅葉が綺麗な大沼公園へ久しぶりに行ってきました!
大沼公園の名物といえば沼の家の「元祖大沼だんご」
一口サイズのだんごが美味しいんです♡
昔から大好きなだんごです!

 
 

「沼の家」の場所と外観

 
 
元祖大沼だんごの老舗「沼の家」は
JR大沼公園駅のすぐ目の前にあります!

 
 

大沼公園駅


 
 
こんなに近かったんだと驚き!
 
 
そして「大沼公園駅」って昔から変わらない・・。
 
 

沼の家の外観


 
 
大きな暖簾があります。
 
 
日曜日の紅葉時期なので、外まで並んでいました!

住所 北海道亀田郡七飯町大沼町145
電話番号 0138-67-2104
営業時間 8:30~18:00(売り切れ次第終了)
定休日 無休

 
 
 

 
 

「元祖大沼だんご」とは?

 
 
1905年(明治38年)創業の「沼の家」初代堀口亀吉が駅に来る観光客に向けて
 
 
団子を販売したのが始まり。
 
 

大沼だんごの紹介


 
 
折で大沼湖と小沼湖を表現。
 
 
団子を串に刺さないのは、湖面に浮かぶ126の島々に見立てている。
 
 
この小さいサイズが食べやすいんですよね♡
 
 
以前は函館から札幌行きのJRの特急列車限定で販売もありましたが、
 
 
現在は無くなっており残念です。
 
 
車内で食べるのが楽しみだったんですけどね!
 
 

大沼だんごパッケージ


 
 
このパッケージも昔から変わらない。
 
 

「沼の家」のメニュー

 
 
現在、店内でのイートインは出来ず購入のみとなっていました。
 
 

元祖大沼だんごのメニュー


 
 
大沼だんごのメニュー

      ・あんと醤油
      ・ごまと醤油

    小折390円
    大折650円


 
 

大沼だんご大と小


 
 
ゴマは製造量が少量のため、沼の家の店内のみ販売となっています。
 
 

あんと醤油

 
 
定番の「あんと醤油」
 
 
子供の頃はあんは食べず、弟と醤油の取り合いしていました(笑)
 
 
今はあんが美味しく感じ、大人になったということでしょうか。
 
 

あんと醤油


 
 
うるち米を使ってもちもちな一口サイズの餅に、
 
 
たっぷりと塗られたあんこと、醤油だれ。
 
 
どちらも美味しく交互に食べて止まらない!!
 
 

胡麻と醤油

 
 
私も母も「胡麻派」!!
 
 
胡麻の香りに、粒粒としたゴマ感に
 
 
甘すぎない胡麻ダレ。
 
 
ついつい胡麻を食べてしまう・・♡
 
 

ごまと醤油


 
 
醤油は、醤油のしょっぱさがハマります!
 
 
あんこやゴマに飽きたら醤油!という考えられているな(笑)
 
 

まとめ

 
 

「沼の家」元祖大沼だんごのオススメ

  1. 昔から変わらない一口サイズの団子が美味しい!
  2. 胡麻・醤油味は店内での販売のみ!
  3. うるち米で作りたての販売のため当日の賞味期限です


 
 
サロン
大沼だんご久しぶりに食べましたが美味しかった~♡
一口サイズだからお茶うけに最高なんです!!
一口食べたら止まらなくて、以外とお腹いっぱいになります!
当日の賞味期限なので誰かにあげるお土産向けではないけれど、
自分に買って自分で食べる!(笑)

 
 
ポチっと押してくれたら嬉しいです♡
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク